スポンサー協賛のお願い

ごあいさつ

 2001年 第1回のジャズフェスティバルがスタートしました。全国の大学ビッグバンドが技を競い合うYamano Big Band Jazz Contestの中でも、優勝回数において他を寄せ付けない早稲田、慶応、明治大学の競演が実現しました。2015年、2016年、2017年において、慶應ライトが圧倒的な強さを見せて32年連続で優勝の栄誉に輝いています。
 
 当フェスティバルは、お客様の拍手で最優秀校を決定するというスタイルをとり、さらに、プロをゲストに迎えてお客様により楽しんでいただくなどの趣向も凝らしました。また、学生の活動支援となるよう優勝校には優勝賞金、他には参加賞などを授与しています。
 これまで17回、地域の活性化を促すイベントとして「おおもりジャズ(早慶明 BIG BAND JAZZ FESTIVAL)」は、ビッグバンド独特のゴージャスな雰囲気とともに音楽性と技術の高さで多くの音楽ファンを魅了してまいりました。
 
 さらに、一昨年から地元の高校生ブラスバンドの出演も適い、ビッグバンドへの興味に加え、音楽を通して、有名私立3大学の学生との交流もなされ、進学への夢や希望も伝えられたと考えております。
 
 今回当フェスティバルが第18回を迎え「おおもりジャズ」の愛称を加え、これからも地域密着の音楽イベントとして、ネットワークの拡大を図ってまいりたいと思っています。そして、ますますこの地域のかけがえのない財産になっていくことを運営関係者一同、心より願っております。
 

早慶明BIG BAND JAZZ FESTIVAL 実行委員会

学生を主役とする学生支援から始まった。 

 
当初の目的は後輩学生の発表の場を作ること、先輩として少しでも学生支援につながればという思いからスタート。
各大学OBが力を合わせてイベントとしてカタチを整備してきました。
回を重ねるごとに、地域性も加味され。思いを同じにする浅草にも姉妹フェスティバルが生まれ定着しています。

第18回を迎え、さらなる飛躍をめざすために・・・

 
1. より深く地域に密着したイベントとしての発展。
2. 他地域へ広く発信し集客数の増加と認知度の向上を目指す。
3. 学生中心の運営体制の確立と経済面の安定。
 
 
◎ファン年齢層の若返りと若年層の啓蒙
年間を通しての写真やYouTubeやSNS連動などでファンや若い人たちへの啓蒙
 
◎地域貢献と密着度の向上
HPがあることとブランド化することで地域他イベントとの連携強化
大森の認知度の向上⇒商店街などとの本格的コラボレーション
 
◎スポンサーへの貢献
ご協力いただいたスポンサーへの貢献、HPバナーなどの広告スペースの提供
 
◎集客力と認知度のアップ
HPを活用した、宣伝・広告、チケット販売
Facebookを活用し、広く全国にアピールし集客
メーリングリストの拡充(次回はこちらからメールが送れる)
 
◎関わる者たちの意識・志気向上
当Jazz Fesの格が向上(ブランド)することで、開催することにさらに誇りが持てる
参加する学生たちにも、その意義が伝わり、やる気を創成できる
 
などなど、その効果や可能性は広がっていきます。
 

サポート・スポンサー協賛のお願いとお申込み

 
 当実行委員会は、2018年 5月13日大森ベルポートにおいて、第18回 おおもりジャズ を開催いたします。ビッグバンドジャズの高尚かつゴージャスな音楽を介して、学生支援、地域貢献だけでなく、ビッグバンドジャズに永く親しんでこられたファンの皆様に楽しんでいただくために、また、若い年代の方々にもビッグバンドを知って好きになっていただくために、第18回 おおもりジャズ で私たちの思いを発信いたします。
 つきましては下記の内容のスポンサー協賛をお願い申し上げたく、ご案内させていただきます。