Special Guest
日野皓正
Terumasa Hino

 

History

 

1942年

10月25日東京生まれ。タップダンサー兼トランペッターであった父親より、4歳からタップダンス、9歳からトランペットを学び始め、13歳の頃には米軍キャンプのダンス・バンドで活動を始める。
 

1964年

白木秀雄クインテットに参加し、1965年ベルリン・ジャズ・フェスティバルに出演し喝采を浴びる。
 

1967年

初リーダー・アルバム『アローン・アローン・アンド・アローン』をリリース。
 

1968年

菊地雅章との双頭ユニット日野=菊地クインテットを結成、録音。
 

1969年

『ハイノロジー』をリリース後、マスコミに“ヒノテル・ブーム”と騒がれるほどの絶大な注目を集める。
 

1972年

ニューポート・ジャズ・フェスティバル出演。
 

1975年

N.Y.に渡り居を構え、ジャッキー・マクリーン、ギル・エバンス、ホレス・シルバー、ラリー・コリエルなどと活動を重ねる。
 

1979年

『シティー・コネクション』、1981年『ダブル・レインボー』、とたて続けに大ヒットアルバムをリリース。
 

1982年、

『ピラミッド』をリリースし、武道館を含む全国ツアーを行う。
 

1984年

ロサンゼルス・オリンピック・アートフェスティバルに出演。
 

1989年

ジャズの名門レーベル“ブルー・ノート”と日本人初の契約アーティストとなり、第1弾アルバム『ブルーストラック』は、日本はもとより、アメリカでも大好評を博す。
 

1990年以降

自身の夢である「アジアを1つに」という願いを込め、アジア各国を渡り歩き、探し集めたミュージシャンと結成した《日野皓正&ASIAN JAZZ ALLSTARS》で、1995~96年に北米-アジアツアーを行う。
 

1995年

日野=菊地クインテットによる『アコースティック・ブギ』《日本ジャズディスク大賞 金賞受賞》をリリースし、Mt.Fuji Jazz Festival他、ブルーノート・ツアーを行う。
 

1997年

台湾での「第16回国際芸術祭」、シドニーでの「日豪友好100周年記念コンサート」に出演。
 

2000年

大阪音楽大学短期大学部客員教授就任。
 

2001年

インド、パキスタンにて公演の他、西インド地震災害チャリティコンサート、そしてカンボジアでは子供たちのためのチャリティコンサートを行う。アルバムは『D・N・A』をリリースし、レコーディング・メンバーにて全国ツアーを行う。このD・N・Aプロジェクトは芸術選奨文部科学大臣賞(大衆芸能部門)受賞。
 

2004年

紫綬褒章受章。また約20年ぶりに映画音楽を手掛け、サウンド・トラックは文化庁芸術祭 レコード部門 優秀賞、毎日映画コンクール 音楽賞受賞。《映画:透光の樹》
 

2007年

盟友 菊地雅章(pf)との、日野=菊地クインテット『カウンターカレント』、デュオ・アルバム『エッジス』を発売。 《エッジスは日本ジャズディスク大賞 銀賞受賞作品》
 

2010年

尚美学園大学客員教授就任。
 

2013年

dj honda、次男 日野JINO 賢二を迎えたユニット「日野皓正 h factor」にてライブを行う他、同ユニットにてアルバム『Unity – h factor -』を発売。
 

2019年

春の叙勲 旭日小綬章受章。12月ニューアルバム『ビヨンド・ザ・ミラージ』を発売。
また近年はチャリティー活動や後進の指導にも情熱を注ぎ、個展や画集の出版など絵画の分野でも活躍が著しい。唯一無二のオリジナリティと芸術性の高さを誇る日本を代表する国際的アーティストである。